ホーム > 病院概要 >院長挨拶

院長挨拶

病院長

友愛会病院は、50余年の歴史を持つ病院であり、昭和28年、大阪市住吉区(現住之江区)に開設、昭和41年に法人化(医療法人 讃和会)し、平成16年に現所在地へと新築移転、最新鋭の機器を備えた救急病院へと発展を遂げました。これは、地域の皆様方や医療機関のご支援・ご協力のお蔭と感謝するとともに、まずお礼を申し上げます。

当院は、現在170病床で稼動しておりますが、地域の方々からの需要が多い脳神経外科・整形外科・消化器科に診療科を絞り、その各科においては、常に最新の医療を安心して受けていただくことができる体制を整えています。また、地域の診療所との信頼関係を構築し、病院本来の社会的使命を果たす努力を続けています。

一方、「職場づくり」にも注力しております。全職員が、良い組織、良い病院をつくっていこうという共通認識を持ち、互いに尊敬・尊重しあい、誇りと満足感を持って働けるような、最高の労働環境を目指して改善を重ねています。これはやがて、組織基盤の強化と安定した病院運営へと繋がると考えています。

さらに今後も理想的な病院の姿を追求し、常に皆様方に満足していただける質の高い医療を提供していきたいと思っております。

病院長 長濱 史朗

ページの一番上へ